両国きたむら整形外科

subpage1

両国きたむら整形外科は両国駅から徒歩5分にあり、一般外来の他に腰痛外来、スポーツ整形外科、こどもの整形外科を診療しています。
午前中は土日も診療しています。



多くの人が悩まされている腰痛ですが、多くの原因は不明とされています。
骨折や捻挫のように怪我の治療であれば組織が修復されることで痛みも消えていきます。しかし、原因不明である腰痛は長年痛みが消えず悩まされている方が多いです。

両国きたむら整形外科では薬や神経ブロックといった痛みに対する治療だけでなく、マッサージやストレッチを組み合わせて痛みを引き起こしている可能性のある体質の改善を図ります。


また、痛みがあることで活動量が低下しやすいため、二次的な筋力低下による障害も防ぎます。

ターゲットに応じた日本経済新聞についての情報を簡単に探すことができます。

スポーツでの怪我は一般的な整形外科疾患とは異なり、特殊な動きの要素が必要であったり、再発のリスクが高いため専門医に適切な治療を受けることが重要です。

各スポーツの特性を理解し、身体の癖を見抜くことで体に合った治療プログラムを組み立てています。

こどもは成長期にあるため骨も柔らかく、骨軟骨が十分に発達していない状態にあります。

その為怪我がその後の成長を妨げる恐れがあります。

治療にあたっては今後の骨や筋肉、神経の発達を視野に入れ丁寧に対応する必要があります。

突き指や捻挫など小さなけがで病院へ行くことをためらってしまう場合にはまず受診をしてみましょう。


一見軽症に見えても正しい治療を早くから始めることが大切です。